JeffreyFrancesco.org 公開日 タグ Tag Permalink 現在地 Facebook page Twitter RSS feed

あけ・おめこ・とよろ…じゃなくて、あけおめことよろ。

変なところで切ってはいけない。

という訳で、こなさんみんばんわ。すでに年が明けて1ヶ月どころか、もう節分まで過ぎちゃっておりますが、2024年もよろしくお願いします。

ていうか、昨年末に「来年はちょっとしたことでも書いてアップする習慣を付けたい」とか書いたのに、初っぱなからこれやからね、先が思いやられます…いい加減ちゃんとせんといかんな、がんばろう。3月からは本気出す。


そんなことはさておき、最初の画像の中にもちょこんと写り込んでおりますが、昨年の末にM2 Pro Mac miniを買いました。21.5インチの4K iMacを2017年に購入して以来、6年ぶりの自宅Mac買い替えです。

普段の作業をする上では特に不満も感じてなかったのですが、それでも買い替えたのは「iMac 2017はOSをSonoma以降にアップグレードできない」という、ただそれだけの理由です。あっでもM2 Proになってメモリを32GB(iMacに積んでたのと同等)まで増設できるようになったというのには、少し後押しされたところがあるかもしれません。

カスタマイズはメモリの他、SSDもiMacと同容量(1TB)にしたくらい。今回はAppleCare+も付けませんでした…「念のために」とか思って毎回付けてたんですけど、結局何のトラブルも発生しなくて、ただ払っただけになることばかりだったので、もうええかな、と。

そんな感じでAppleのオンラインストアでポチッとやって、届いたのがクリスマス翌日くらい。そこから忘年会の仕込みなどがあってしばらく触れず、ようやくセッティングと環境移行に手を付け始めたのは大晦日の夜くらい。

とりあえず机の上のiMacを横に避け、そこにMac mini本体とディスプレイを設置。ディスプレイはメルカリで安くで手に入れた、LG Ultrafine 5Kの中古品。以前Appleストアで販売してたやつですね。それをエルゴトロンLXに取り付けて設置します。実は人生初のモニターアーム運用。

で、これまでは普段取ってるTime MachineバックアップのUSB HDDから移行アシスタントで環境移行してたんですが、今回はあらかじめAmazonで買っておいたThunderbolt 4ケーブルで、Mac同士を直接つないで環境移行しました。

移行アシスタント実行中の写真。2台のMacは中央のThunderbolt 4ケーブルで直接つながっている。iMacの画面には転送時間が「残り14分」と表示されている。

おかげで1TBの2/3強(700GB近く)あったデータの移行が、15分くらいであっという間に終わり…ああ、あってよかったThunderboltケーブル。無事に2023年中に環境移行を終えて、新年を新しいMacで迎えることができましたとさ。めでたしめでたし。

さて、ここまで1ヶ月ほどM2 Pro Mac miniを使ってみての感想ですが、やっぱり音がとても静かですね…iMacはちょっとヘヴィーな作業をするとファンがぐわーって回り出すことがよくありましたが、Mac miniで同じ作業をやっても、まったくといっていいくらい音がしません。これはとても快適。

それでいて本体が熱くなるようなこともない(ほんのり温かい、くらいになることはたまにあるけど)。ちょっとカルチャーショックじゃないですけど、認識を改めないといけないな、とか思いました。僕くらいのおじさんになると、ファンが唸って本体が熱くならないと「おいおいこのパソコンちゃんと動いてるのか」と、逆に心配になったりするのです…すみません嘘つきました。涙

あと思わぬ効能として、ミーティング用のサブモニターとして使っていたARZOPAのモバイルディスプレイ(2560×1600)が、デフォルトでRetinaディスプレイとして扱われるようになった、というのがありました。iMacにつないでた時は解像度を半分に落としても、単純に1280×800のディスプレイとして扱われて映像がぼやけるだけだったんですよね。

バンドのオンラインリハーサル中にZOOMのミーティング画面を映すために使用しているARZOPAのモバイルディスプレイ。写真で分かるかどうか不明だが、この解像度でも文字がぼやけずに表示されている

それがMac miniとの組み合わせだと、電源入れただけで最初から1280×800のRetinaディスプレイとして認識されるようになりました。おかげで、見た目と文字サイズのバランスを考慮して解像度を考える…みたいなストレスから解放されました。サブディスプレイとはいえ、小さすぎる文字のUIを操作するのは苦痛ですから。

ただ、これに関しては実は「Mac miniだから」なのかどうかはちょっと不明だったり…プリインストールされてるOSは当然Sonomaになってるものだと思ってたら実はVenturaで、環境移行の直後にやったことはまずOSのアップグレードで。涙
その後周辺機器も含めて動作チェックをしてる時にこのことに気が付いたので、もしかするとSonomaアップグレードの効能なのかもしれませんし。

まぁ要するによく分からないので、この辺はお詳しい方にご教授願いたいところです。


そんな訳で、今のところはおおむね満足できる買い物をしたと思っていますが、後悔がひとつだけ。これね、初売りの時に買ったら15,000円分のAppleギフトカードがもらえてたらしいんですよ…僕がオーダー入れたのは12月18日。あと半月くらいなんだから、知ってたら待ってたのに! 涙

次回からこの時期の買い物は「これは自分へのご褒美や、クリスマスプレゼントや」みたいなことは考えないで、素直に初売りを待っておこうと思います。

現場からは以上です。